入れ歯(義歯について)

入れ歯(義歯について)
denture

入れ歯(義歯について)

当医院の義歯(入れ歯)について説明致しましょう。

義歯(入れ歯)というのは小さければ小さいほど良いと思われている患者様が多いようですが、けしてそうではありません。義歯(入れ歯)は、歯が抜けた後の土手(歯槽堤)にかかる圧を少なくし、土手(歯槽堤)を長期間保護しながら使用していかなければなりません。

例えばわかりやすく説明しますと、ハイヒールと運動靴で踏んだ場所にかかる圧が違うように、小さい義歯と自分に合ったジャストサイズの義歯では土手(歯槽堤)、床下組織のダメージが全く違います。ですから、ハイヒールよりも運動靴で歩くのが自然で楽なように、体に優しい良く噛めて装着性の良い義歯を制作致します。



当医院では、僅かな咬合圧で効率良く咀嚼でき、又、床下組織への負担が少ないSーAブレード、HーAブレードと言う金属の人口歯を使用しています。

僅かな咬合圧で効率良く咀嚼でき、又、床下組織への負 担が少ないSーAブレード、HーAブレードと言う金属の人口歯

上顎の義歯にメタルで出来た臼歯を、下顎の義歯にレジンオクルーザ ルテーブルを使用します。
分かりやすく説明しますと、上顎のブレード歯が包丁、下顎のレジン歯がまな板の役目をして、少ない力で肉、貝、野菜なども用意に噛み切る事が出来、患者様からもお喜び戴いております。 

 

入れ歯の種類

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることができます。

総入れ歯

全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。
顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。
すべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯

歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。
歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。
残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

即時義歯

即時義歯とは、歯を抜くのと同時に装着出来る入れ歯の事をいいます。

>> 即時義歯について詳しく見る

 

入れ歯について

入れ歯(義歯について)

入れなについて入れ歯(義歯)についてご案内致します。

入れ歯が生活に及ぼす影響

生活との関連性入れ歯が及ぼす影響についてご説明致します。

入れ歯(義歯)制作の流れ

入れ歯制作入れ歯制作の流れについてご説明致します。

即時義歯(入れ歯)の種類

入れ歯の種類即時義歯についてご説明致します。

 

治療に伴うリスク

レジン床による義歯と比較したリスクはないが、義歯改修に限界がある。